遼寧省耐熱鋼カテゴリー - 広く使用されている

更新:04 Aug 2016
概要:

遼寧省耐熱鋼 一般に、合金元素の含有量は50%未満が耐熱鋼と呼ばれている。日本の耐熱鋼規格は、JIS G431 […]

遼寧省耐熱鋼

一般に、合金元素の含有量は50%未満が耐熱鋼と呼ばれている。日本の耐熱鋼規格は、JIS G4311、G4312、およびいくつかのSUHシリーズ規格である。行列の構造に応じて、耐熱鋼フェライト系耐熱鋼、マルテンサイト系耐熱鋼、オーステナイト系耐熱鋼、析出硬化耐熱鋼に分類することができる。JIS G5122はSUH耐熱鋳鋼を指定しているが、鋼種は、に従って分類されていません親相構造:フェライト系耐熱鋼、マルテンサイト系耐熱鋼、オーステナイト系耐熱鋼が混在している。

広く使用されている代表的なフェライト系耐熱鋼は、低C-17%CrをSUS430である。Crは鋼の高温耐食性を向上させ、遼寧省耐熱鋼で不可欠な要素である元素である。SUS430は、良好な耐酸化性を有している。ため鋼はSUS430が安いです、他の要素を含んでいない。しかし、SUS430は、高温焼入れによって硬化しない、それが唯一の強さを必要としない部分のために使用することができるように、その高温強度が低い。他にSUS430は、小さな熱膨張係数とオーステナイト耐熱鋼は大きな熱膨張係数を有しているので、手が、温度変化を繰り返し容易に熱疲労を受ける部材としてSUS430を用いることがより好ましい。また、SUS430である場合長期間にわたり、約500°Cの温度で使用、脆化が脆性相の析出に発生し、注意がこれに払われるべきである。additioでこのAlの効果を利用した耐熱鋼は、保護膜として働き、酸化防止剤として作用するスケールの表面を加熱する。 FCH1 FCH1は、25%Cr鋼中に5%のAlを含み、1200℃以下の良好な耐酸化性を有する発熱体用耐熱鋼です。